第二段階(浮く、進む)のMENU    

ダルマ浮き、クラゲ浮き、伏し浮き
立った姿勢から息を大きく吸って頭を水中に入れ、両足をゆっくり水底から離します。上体をうつ伏せにし、両手でヒザを胸に抱きこむのが「ダルマ浮き」。慣れてきたら両ヒザを離して手足をダラリと垂らした「クラゲ浮き」をやってみる。さらにだんだんと手足を伸ばした「伏し浮き」にトライ。息を十分に吸ってこれらの動作を行えば、肺が浮き袋の役目を果たし自然に浮くことができます。さらに強く浮く感覚を実感するには浮いているとき(ダルマ浮き)背中を押して水中に沈めてもらう。沈んでもすぐに浮いてくるのが実感できます。
ダルマ浮き クラゲ浮き 伏し浮き
水中での立ち上がり方
1.伏し浮きから立つ  両腕をかき込むようにしながら両ヒザを胸に引き寄せます。体が垂直に近くなったら腕をさらに後方に引き、足を伸ばして水底につけてから顔をあげます。
2.背浮きから立つ    まず頭を起こし、腰が沈み始めたら両足をお尻のところへ引き寄せます。それと同時に両手で水を押さえながら水底に足をつく。 
伏し浮きから立つ 背浮きから立つ

け伸び(すべての泳ぎの基本)

手を頭の上に伸ばして、両足でカベをけり、体をまっすぐにして進みます。慣れてきたら水中(水深40,50センチ)を進んでみます。顔を上げてみたりして水の抵抗の違いを感じてみます。け伸びで大切なことは「ストリームライン」がとれているかということです。
 (動画を見るにはここをクリック)
出展:CEC、IPA「教育用画像素材集サイト」 
http://www2.edu.ipa.go.jp/gz/index.html
ストリームライン
水中で最も抵抗の少ないといわれる流線型姿勢のこと。水中をけ伸びあるいは背浮きで進む際に用いられます。 簡単なようでむずかしい技術なのでぜひマスターしましょう。ポイントは@手の重ね方(中指同士を重ねる)A頭の挟み方(耳のうしろで挟む)B腕の伸ばし方(ヒジを伸ばす)C足先のそろえ方と足の伸ばし方(足首をしっかり伸ばす)ストリームラインでは手の甲から背中、そして足の裏までが一直線になっていることが理想です。ただし背中がS字型に湾曲していてはダメ。なるべく直線になるよう鏡をみながら修正しましょう。(骨盤をやや前傾する)
ヒザを曲げ骨盤を前傾させたまま足を伸ばしていく。この姿勢を意識する
イルカとび
イルカが水面上に飛び出し水中に入水する形をイメージする。まず手を揃えて上に伸ばし、一度腰を沈み込ませてプールの底をけり、手の先からダイビングしていく。水中に入った腕が勢いを失わない内に手首を返して水面へ出、沈み込んだ足をそのまま底につけて立つ。これを繰り返す。バタフライの初歩的ドリルでもあるが、水中にエントリーする感覚をつかみたい。
腰かけキック
プ^ルサイドに腰掛け(最初は深く、慣れたらだんだん浅く)バタ足をやってみる。両足をまっすぐ伸ばし力を抜く。足の甲をやや内側に向け、親指同士軽く触れ合う感じでキックする。最初は腹筋と太ももの筋肉だけ使うよう意識。水が前方に押し出され、直線的な流れが出来ればよい。はじめはゆっくり、次第に早く行えるように。
 POINT 自分の目で足の動きを見ながら実際に動く足の状態と、筋肉の使い方の感覚をつかむ
 ケース1 (つま先が伸びない) 足首の力を抜き、太ももで脚全体を持ち上げる気持ちで。
 ケース2 (ひざが曲がる)脚全体をけりおろす気持ちで。
 ケース3 (棒のように固い足) ひざと足首の力を抜いて足の甲に水をあてる。
つま先が伸びない ヒザが曲がる 棒のように固い足

背泳ぎへ戻る

初歩の呼吸
立った姿勢でもぐり、水面上にアゴを出して「パッ」と一気に強く吐き、その反動で口から大きく吸い込む(ボビング)。水面上に出た時、口元の水を吹き飛ばすぐらいの勢いで。次に水中で鼻と口からゆっくり息を吐く(バブリング)。口はローソクの火を消す要領で小さく開け、「フーツ」と息を少しづつ長く吐く。
前呼吸の練習
プールサイドにつかまり、顔を水面に着け、次に顔を上げて呼吸する練習をやってみる。要領は「初歩の呼吸」と同じ。これは平泳ぎおよびバタフライの呼吸法となる。
横向き呼吸の練習
次に同じ要領で顔を横向きにして練習してみます。クロールでの呼吸法になるが、出来るだけ左右両方同じように出来るようにしたい。
ヒジかけキック
プールのふちにヒジをかけ、ヒジを張った腕がプールのふちに一直線になるようにする。その手の上にアゴを乗せヘルパーによって腰が伸び、体がまっすぐになった状態からキックを始める。ちょうど「腰かけキック」をひっくり返した形になるが、はじめは腹と太ももだけでけり下ろし、背中と尻の筋肉だけでけり上げるようにする。特にけり上げは足がまっすぐ伸びることが大切。
 ケース1 (尻が出て足が落ちる)ヒジを完全にふちにのせ、胸を張り、背中をそらせる。
 ケース2 (水面上にけりあげられない)ヒジの力を抜いてけり上げのみに意識を集中する。
 ケース3 (腰が落ち、ヒザが曲がる)太ももを持ってもらい、腰だけでキックするつもりで。
尻が出て足が落ちる 水面上にけりあげられない 腰が落ち、ヒザが曲がる
壁キック
片手でプールのはしを持ち、一方の手を側壁にあてがい(約30センチほど真下)腰を十分伸ばした姿勢から両腕をのばしてキックします。けり方はヒジかけキックと同じですが、壁キックでは「けり上げ」に力を入れ、けり下ろしは足の甲に水がひっかかることだけ意識します。けり下ろしは極端に深くせず、水面下30センチぐらい。けり上げは足の甲が水面すれすれにくるくらいがよい。また、けり上げ時足裏の後方にモコツと水のかたまり湧く感じで、けり下ろし時は少しアワがまじる感じ。足はやや内股で親指が軽く触れるくらいの幅でキックします。呼吸は「前後呼吸」を同時に行う。
 ケース1 (ゲタばき)足首の力を抜き太ももだけでキックするよう意識
 ケース2 (自転車こぎ)脚全体の力を抜き、上下にキックする
 ケース3 (脚が開きすぎ)両ヒザを合わせ、親指同士がふれあうようにける 
ゲタばき 自転車こぎ 脚が開きすぎ

水遊びや各種ゲーム 〔出典 「新水泳指導教本」 (財)日本水泳連盟 大修館書店〕

種 目 要   領
けのび競争 壁を蹴って遠くまで進む
輪くぐり 適当な大きさの輪を水面上に置いたり、垂直においてその中をくぐる
宝さがし 水底に置いてあるものを拾う
トンネルくぐり 2人組みで、開脚している相手の脚の間(股)をくぐる
玉よけもぐり 円陣を作り、指導者がふりまわすボールに当たらないように水中にもぐる